2014年10月27日

熱意と好奇心を見つけろ

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


ブラザー工業の小池利和氏は
「熱意と好奇心がヒットを生み出す」
と語ります。


ブラザーでは80年代から
積極的に電子制御を
取り入れ、技術系の社員は
全員研修を受けさせられたそうです。

近年登場したお掃除ロボット
で人気を博す「ルンバ」なのですが、

なんと80年代前半には、この電子制御と
掃除機を組み合わせるというアイデアが
あがっていたそうなんです。

電子制御となんらかの組み合わせで、
様々な機能を付加できると
見抜いていたんですね。

これも技術社員の情熱と好奇心の賜物。

ただし、「先進的な商品でも売れなければ
ビジネスにはならない」とも語ります。

技術者が革新的な商品を作り、
経営者が売れるかどうかを判断する。
両者がいなければ成り立たないのです。

50年代に社長を務めた安井正義氏は、
「部下が新しいことを言ってきたら
3回はNOといえ」と
口癖のように言っていたそうです。

4回以上言ってくる技術者には、
自分のためではなく、会社の為に
動いているからGOを出すとのこと。

厳しくふるいにかけることで
熱意と好奇心を持って取り組んだか
図る、という仕組みです。

社員の熱意と好奇心を、
あなたはどうやって図るでしょうか。



当社の「シニア・ライフ・ステーション」は
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。
ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

MAコンサルティング株式会社
代表取締役:義煎 英一
〒003-0005
札幌市白石区東札幌5条1丁目
1番1号札幌市産業振興センター
TEL:011-820-5282
FAX:011-820-5283


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 09:28│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。