2014年08月29日

日本の起業支援

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。

アベノミクスの成長戦略では
2020年までに開業率を10%台に
高めることを目標としています。
これは現在の2倍以上となります。

倍増のためには起業支援をより強化するべきという
意見もありますが、

今の日本の起業支援環境はかなり恵まれているのです。

2001年の大学発ベンチャー1000社計画
2006年には新会社法が施行し最低資本規制が撤廃

政府系金融機関などには
若手ベンチャーに創業資金を融資する仕組みもありますし
行政は各地に創業支援センターを設置しています。

0円パックのような初期費用を抑えて
事務所を開業できる民間サービスもあります。

他国と比べても
実は日本は創業支援制度に充実した国なのです。

ただ、日本は起業に対する意識が低いのです。
制度が十分に整っているのに
「うまくいかないのではないか」という
起業に対する社会の雰囲気が
他国より劣っているのです。

そこで必要なのは成功者です。

日本でベンチャー企業の成功者といえば
ソフトバンク社の孫正義社長です。

孫社長に続き成功者が続々と誕生すれば
社会の空気が変わり
起業倍増も実現するのではないでしょうか?

当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 15:15Comments(0)

2014年08月28日

もやもやする人間

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


あなたは今、やりたいことがありますが?
もやもやしながらも
先延ばしにしていることはありませんか?

「起業したいけど、うまくいくかわからない。
でも今の仕事に不満がある。
そうしているうちに時間ばかりが過ぎていく。」
この仕事をしていると、そのような話をよく聞きます。

もやもやした時間が長ければ長いほど
あなたは損をしているでしょう。

例えば1年後
もやもやして何も行動を起こさない人と
実際に行動を起こした人とでは
収入もライフスタイルも違っているかもしれません。

もちろん一生懸命頑張っても
報われるとは限りません。

「自分には向いていない」と気がついて
諦めることになるかもしれません。

でも、たとえ諦めることになったとしても
素早く次に行けるというのは
実はとてもすばらしいことなのです。

やってみないとわからないことが
この世の中には沢山あるのです。
もやもやしているだけなら
次に行くことも出来ません。

そしてたとえ諦めることになったとしても
頑張った経験は決して無駄にはならないでしょう。

一番良くないのは悩むだけで
今の仕事にも
新しいことにも
どちらも中途半端になることです。

あなたはもやもやするだけの人間ですか?

当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。


  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 15:10Comments(0)

2014年08月26日

起業家にとって最も重要なこと

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。

起業家にとって、最も重要なことってなんだろう?
それは、「行動」だと思うのだ。
成功する起業家と成功できない起業家の違いは
ここにあるのではないだろうか?

成功できない起業家は、何か新しい情報を入手し
ても、友達の意見を聞いてみたり、他の人がどう
言っているか聞いてみたりする。

つまり、成功できない起業家は新しい情報を得て
から行動に移すまでの時間がやたらと長い。
そうこうしてる間に、また新しい情報が入ってき
て、またそれを調べてとか、えんえんとその調子。
そして、何も行動しないまま膨大な時間が過ぎる。

成功する起業家は、まず「やってみる」。
そう、「行動」するのだ。
実際にやってみなきゃわからないことがある。
見たり聞いたりしただけではわからないことがある。
経験からしか学べないこともある。
そして、この経験から学ぶ部分にこそ、成否を分け
るポイントがあるのだ。

起業家にとって一番重要なこと。
それは「行動」である。

当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。
  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 13:38Comments(0)

2014年08月26日

成果を出し続ける介護経営の極意

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


少し前ですが、札幌で
「成果を出し続ける介護経営の極意」
というセミナーが開催されました。

「介護経営コンサルタントとして活動しながら、
東京都内でデイサービスを二か所運営する
原田匡介護経営総合研究所代表が講義。

少子高齢化進展や社会保障制度の
変化など、激変する経営環境を見据えた
事業モデル構築を訴え、

具体的に示したのは、機能訓練の
専門性向上と中重度者が在宅生活を続ける
ための自立支援型サービス。

介護保険財政がひっ迫する中、団塊世代の
健康寿命進展、重度者の状態改善、自立支援
が求められているとし、

今後の介護報酬の方向性としては、
「財政がさらに悪化するため、
良くて現状維持、上がることはない」と指摘。

対策に収入源増加やキャリアパスを
機能させる観点から、事業拡大の重要性を指摘、
多様な現場で活躍できる人材育成も推奨した。」

当社の「シニア・ライフ・ステーション」を
示唆しているような講演内容です。

介護報酬悪化を見越して、複数の収益の柱を
構築するのが「シニア・ライフ・ステーション」
の基本的な考え方です。

介護から広がるシニアビジネスにより、介護事業以外の
収入源を増加させるとともに、介護事業以外の
シニアビジネスへ積極的に事業拡大を図っていくことが、

シニア・ライフ・ステーションの事業コンセプトです。

当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 09:49Comments(0)

2014年08月25日

あなたは焼け付くほどの危機感を持っていますか?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。

あなたは、焼け付くほどの危機感を持っていますか?

金融円滑化法終了を視野に入れ、金融機関の動きがきな臭くなっています。
以下のような症状が出た場合は、要注意です。

・昨年まで借りられていた運転資金が借りられなくなった。

・追加担保や保証人を要求された。

・昨年より融資金額が減額された。

・他の銀行を当たってみるように言われた。

・保証協会が首を縦に振らない。

あなたの会社は、完全に「貸しはがし病」に侵されています。
この病気の治療法は一つしかありません。

「資金をかき集めて、有望な新規事業に挑戦する」です。
今までと同じことをやっていても同じ結果しか生まれません。
銀行から最後通牒を突きつけられことに気付かなければなりません。

旧態依然と同じ事業を継続しても、その先にあるのは会社の突然死です。

----------------------------------------------------------------------------------------

焼け付くほどの危機感を持って、新規事業に取り組んでみませんか?
韓国のサムスン電子の例を紹介します。

「今日のサムスンを代表するほとんどの事業と製品が、今後10年以内になくなり
無意味なものになるだろう」

2011年の新年祝賀会の冒頭で、韓国サムスングループの総帥イ・ゴンヒ会長は
こう語ったという。

スマートフォンの「GALAXY」などで破竹の勢いを続けるサムスン。
そのオーナー経営者が危機感をむき出しにして隠さない。
グループの中核企業であるサムスン電子の売上高は11兆4000億円(2011年)
に上り、パナソニックやソニーはとうに抜き去られた。

だが後塵を拝する日本企業のトップが、ここまでの危機感を持っているのかどうか。
日本の電気劣勢の一因に危機意識の違いがあることは間違いない。

イ・ゴンヒ会長の経営は「メッセージ経営」と呼ばれる。
1993年の改革スローガン「妻と子供以外は全て変えよう」は特に有名だ。
一言で意図が伝わるメッセージ性は日本の経営者も学ぶところが大きい。

強烈な危機感を持ち、優れた人材を貪欲に集めて互いに競争させ、全社でナンバーワンに
向けてひた走る。
猛烈な生存競争こそがサムスンの流儀なのだ。

オーナー経営者の強烈な信念が、会社を爆発的な成長に導く原動力となる。
そこに世の東西や企業規模の大小は関係ない
そんな経営の原理原則をサムスンのケースは教えてくれる。

当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 15:23Comments(0)

2014年08月22日

価格競争から抜け出すには

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


もしあなたが、価格競争、値引き競争から抜けたい
ある業界の値下げ競争のニュースを見て、嫌になる。不安になる。
もっと高い価格でビジネスをしたい

そう思っているなら、このブログは重要です。
なぜなら、このブログでお話ししているのは、
そういった価格競争から抜けるための方法をお話ししているからです。

最近では価格競争も激しくなり、Yahoo!のニュース、msnのニュースでも、
そういった価格競争の話が出るほどになりました。

なぜ、ここまで価格競争が激しくなってしまったのでしょうか?

その大きな理由に、同じようなビジネスが増えてきた。
というのがあるのではないでしょうか?

例えば、あるスーパーにいったとしましょう。
同じ棚に、リンゴが2つありました。
どちらも同じリンゴに見えます。
しかし、値札は100円、90円とつけられています。
そうすれば、ほとんどの人は90円の方を買うでしょう。

同じようなことがビジネスでも起きています。
介護業界でも同じようなことが起きています。

世界ナンバーワンマーケッターと言われるジェイ・エイブラハムは、
今日、企業が生き延びるためには、他とは明確な差別化をしなければいけない。
と言っています。
つまり、”他の会社にはない独自の強み”が、これまで以上に求められているということです。

しかし、多くのビジネスは、差別化の重要性を知りながら、できていないのが現状です。
どうすれば、差別化ができるのか?
そのヒントが、「シニア・ライス・ステーション」の中に隠されています。

もしかしたら、あなたもご存知かもしれません。
なぜ、そのようなことができるのか?


当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 13:52Comments(0)

2014年08月21日

よい人材を採用する具体的な方法

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。

「シニア・ライフ・ステーション」FC加盟店さんの採用面接に全て同席させて頂きました。
先々週は10名を超える求職者の方、先週はなんと20名を超える求職者の方にお越し頂きました。
この場を借りて、お礼申し上げます。
どうもありがとうございました。
残念ながら、大多数の方を不採用にせざるを得ず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
介護事業全般は人手不足が深刻化している中、こんなに多くの方にご応募頂けたのは
「シニア・ライフ・ステーション」の理念やビジネスモデルが評価されたものと大変嬉しい気持ちでいっぱいです。
採用面接の際に複数の応募者の方から言われたことがあります。
それは「働きやすい職場作りをしていますと求人票に書いてありました」です。
実は、このフレーズが心の琴線に触れて応募してくれた方が結構いたのです。
この求人票は、我々FC本部が作成しています。

「良い人材を採用する具体的な方法とは?」
それは「働きやすい職場作りをしています」です。

「シニア・ライフ・ステーション」とは、リハビリ型デイサービスや訪問看護事業所を拠点として、
利用者やその家族そして地域のシニア層に対して、様々な情報提供を行うことで、
シニアの方達に感謝されつつ、それを収益に転換する新たなビジネスモデルです。
シニア層の抱える悩みや課題は、介護、高齢者住宅、バリアフリーリフォーム、相続
成年後見、終活、墓地、葬儀、遺品整理など多岐に渡ります。
これらの悩みや課題を解決したいというニーズは高齢者人口に比例して、 今後もさらに拡大を続けるでしょう。



当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
他にはない新しいビジネスです。


ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。


  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 13:38Comments(0)

2014年08月11日

中小企業成長の法則

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


中小企業が今すぐ実行できる成長法則

  その答えはずばり「事業方針発表会」だ

  仕事がら、いくつかの会社の「方針発表会」に参加させて頂く
  会社によって「基本方針発表会」だったり「事業方針発表会」だったり
  名称は異なるけれど、全社員が一同に会し、今年度の方針を確認する会だ

  会社毎に、事業方針書を作成し、一人ずつ前に出て全員の前で発表する
  朝から夕方までかかる非常にハードなイベントだ
  実はこれを実施している企業は不思議とみんな業績が良い
  
  私は前職時代に、この「事業方針発表会」を初めて経験した
  一部上場会社の銀行から転職して初めての経験だったが
  正直、椅子から転げ落ちるほど驚いた記憶がある
  しかし、その会社はそれを何年も続けた結果、株式上場を実現した
  
  先日参加させて頂いた会社もそうだ
  5年前からオブザーバーとして参加させて頂いているが
  この5年間でありとあらゆる面で企業が成長したことがわかる

  まずグループ会社の数も社員数も倍になり、売上や利益も倍増している
  会場も最初は会社の会議室で実施していたが、今やホテルの大ホールだ
  とりわけ社員のレベルアップが半端ない
  「企業は人なり」と言うように社員一人一人の成長が企業成長に直結する

  社員がなんだかんだと文句を言う前に騙されたと思って実行してほしい
  最初は緊張のあまり何も話せなかった社員が見違えるように成長する
  回を重ねる度にレベルアップが加速するのを感じるだろう
  まずはやってみてほしい
  効果は保証する
  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 17:00Comments(0)

2014年08月11日

どうやってニッチを選択するのか?③

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。



だいたいの方向性さえあいまいだというのに、

どうやってニッチを見つけたらいいのか。

それにはまず、自分なりに自己診断を下してみることだ。

例えば…、、、

□自分の好きなことは何か。

□何に興味を抱いているか。

□何を得意としているか。

□どんな適正を持っているか。

□どんな教育を受けてきたか。

□どんな知識を持っているか。

□どんな経験を積んできたのか。

□自分が成し遂げてきたことは何か。

以上の答えの中で、最も競争率が低いのは何か。

以上の答えの中で、いちばんお金になりそうなのはどれか。

①索引カードを準備し、1つずつ、以上の問いに対する答えを、

できるだけたくさん書き出していこう。

②それが終わったら、カードに目を通してニッチになり得る項目を抜き出そう。

③次にその中から1番おもしろそうと思えるニッチを5つ選び出し、好きな順番に並べよう。

④選び出したカードを見ていこう。

⑤その項目の1つ2つは、人が何度も有料講座に通って学ぼうとするような類である可能性が高い。

=それこそがあなたのニッチである。

ある人はこのように言った。

「世界が必要としているものとあなたの才能が交わっているところに天職がある

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:45Comments(0)

2014年08月11日

どうやってニッチを選択するのか?②

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


自分自身にリストを作ってみる。

自分の有する知識で、熱意を持って人に教えられることについて。

自分が最も情熱を感じられる分野を選ぶのが正解である。

なかでも市場が大きい、活気に溢れている、あるいは成長中の分yあを選ぶ。

自分が没頭できるジャンルのほうが、

マーケットの心をつかむべく狙ったジャンルより、

結局のところうまく書けると思う。

書く人間は内容を理解しているし、丁寧さを心がけるし

詳細まで気を配るからだ。

またやりがいのある分野を選ぶのもいいだろう。

自然と充実した作品が出来上がっていくものだからだ。

後は自分なりに意識して、その分野の、魅力を追及していくだけでいい。
  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:30Comments(0)

2014年08月11日

どうやってニッチを選択するのか?①

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


「自分には何の専門分野もない!」

そんな声が揃って聞こてきそうだ。

「どんな分野に絞ったらいいのか分からない」

ニッチが明らかな人もいる。

栄養士のカレンが栄養や食生活、

運動や健康について書きたいと思うのは当然だ。

自動車整備士のレイは自分で車を整備するためのハウツー本を書きたいと考えるだろう。

1つの分野にそれほどまでに精通している人間は多くない。

加えて、バラエティ豊かな職歴を持つ文系タイプの人間は

ニッチの方向性がすぐには定められない。

ではどうしたらいいのか。-次回に続く。


  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:15Comments(0)

2014年08月11日

自然に成長する市場に陣取ること

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。

自然に成長する市場にいち早く陣取る事が何より大切です。

最近読んだ本の中に興味深い部分を発見しました。

「これから誰に売れば儲かるのか」

会社経営では「ライバルたちとの競争に勝つ」ことが

何より大切だと言われています。

しかし、その本の著者はライバルたちとの競争に全て負けても
勝ち組企業になるのは可能だと言っています。

それは自然に成長する市場に陣取ればよいということです。

とある町にあるスポーツクラブA社は、

シニア層にも若・中年層にも利用してもらえるような

サービスを提供しています。

シニア層向けと若・中年層向けの2つを併せた町全体のシェアをみると
20年前には47%だったものが2012年には57%に上がっています。

シェアを10%高めて町全体の市場で過半数のシェアを

占めるようになったのですから勝ち組企業だと言えます。

この現象は町の高齢化がこの20年間で、急速に進んだため起こりました。

シニア層が多数派になったため、全体の競争ではシェアの過半数超えに成功し大勝利となったのです。

個別の市場での競争に勝つよりも大切な事があります。

それは、自然に成長する市場を見極めて
成長市場の顧客を最重要顧客とみて経営することです。

ライバルとの競争に少しぐらい負けたとしても
自然と成長する市場に陣取っていれば、勝ち組企業になれます。

当社の「シニア・ライフ・ステーション」は高齢者を対象としたビジネスです。

成長市場にいち早く陣取り、当社と一緒に勝ち組企業を目指しませんか?

お問合せはこちら



  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:00Comments(0)

2014年08月11日

新規ビジネスで4ヶ月目・単独黒字を目指す!

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


異業種・未経験の新規参入でも、

明確な収支計画が描けてしまう事業があります。

それは人気の新規事業「訪問看護ステーション」です。

「訪問看護ステーション」は保険点数により収入が決まります。

そのため、スタッフや訪問件数の乗数により収益が伸びるなど
大まかな収支計画を考えやすいビジネスなのです。

また、訪問看護ステーションの保険点数は、
医療機関よりも民間機関のほうが高く設定され収益性が高くなります。

高齢化が進む日本において「訪問看護ステーション」は
収益性だけでなく社会性も兼ね備えています。

厚生労働局では2020年までに全国で10,000拠点を必要としています。
ここ2年で30%増加するも、まだ3200拠点が足りません!

「訪問看護ステーション」の開業は
今がチャンス!といえるのではないでしょうか。


当社の「シニア・ライフ・ステーション」は訪問看護の開業を支援いたします。


ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。



  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 15:42Comments(0)

2014年08月08日

あなたの1は大丈夫ですか?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


「1」というのは
ビジネスにおいて最強のポジショニングです。

中小企業はニッチな分野で1位を目指すべきです。

しかし、ビジネスにおいて最悪の「1」も存在します。

・得意先が大口の1社しかない

・販売する商品が1つしかない

・儲けのポイントが1つしかない

つまり、ビジネスが1つしかない


例えば通信販売の定期宅配プログラム
今では収益を安定させるために
多くの企業が取り入れています。


しかし、消費する前に新しい商品が届いてしまうこのシステムに
消費者はストレスを感じています。

そこで、単品販売をしながら
毎月電話で割引を紹介しながら
売上を伸ばす工夫をする企業が出てきます。


お客様のニーズに合わせて
定期宅配、単品販売、割引販売をご提案するのです。

事業にも複数の施策が必要になるのです。

ワンパターンというのは強いようですが
脆くもあるのです。

そのためには複数の事業を収益の柱とすることも考えなくてはなりません。



当社の「シニア・ライフ・ステーション」は
介護事業を柱に、シニアのあらゆるニーズに対応した
新しいビジネスです。

ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。



  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 17:00Comments(0)

2014年08月08日

どのマーケットで勝負しますか?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。



新規事業はニッチを狙え

間違いではないのですが
「ニッチ=小さい=特殊」となると
誰も買わない商品を売ることになりかねません。

また、新しく市場を開拓するには
かなりの資金が必要となります。

新規事業で莫大な資金があるのは
きわめてまれなケースでしょう。

市場の開拓は資金の豊富な大企業に任せ
すでに存在する市場を狙いましょう。

こんな話しをすると
ニッチを狙わないほうがいいように聞こえますが
ニッチは狙うのです。

すでにある市場の中の
ニッチを狙うのです。

大きな市場のニッチな分野には
「マニア」と呼ばれる人達がいるのです。

お金をもっているマニアの人が
絶対に欲しいと思える商品
そしてその商品にリピート性を持たせること

そんな商品ならヒットする可能性が高いでしょう

化粧品、ダイエット飲料、健康食品
巨大マーケットになっていますが
次々に新規参入者が現れるのは
大きな市場のニッチを見つけることが目的なのです。

あなたは儲かるマーケットでビジネスをしていますか?



開業独立をお考えの方に最適です。

【シニア・ライフ・ステーション 個別相談会】

ご関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。






  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:45Comments(0)

2014年08月08日

資金が少ないとダメなのか?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


起業当初から資金に余裕のある
そんな起業家はまれなケースです。

ですから起業する際には
できるだけ資金を抑えた事業計画を考えます。

結果、例えば店舗型ビジネスの場合
立地や店舗スペース、備品も
満足できるものではないことが多いかもしれません。

しかし、私は資金がなくても
起業に成功した人を知っています。

起業にリスクはつきものだといわれます。

確かにそうだと思います。

しかし、リスクを少なくすることで
成功への近道を手にすることができるのです。

「リスクを少なくする方法」
それは事業計画です。

事業計画を見せた相手から
「もっと売上があがるのでは?」
「もっとコストを抑えられるのでは?」と言われるほど
シビアな事業計画を作成するのです。

それも何度も何度も練り直していくのです。

そして本当に実現できるかどうかを
検討するのです。

何回も収支計画のシュミレーションを行ってから
事業を開始するのです。

安易で無謀な事業計画ではないのです。

強いビジネスモデルとは
「成功が約束されたビジネスモデル」のことなのです。



開業独立をお考えの方に最適です。
シニア・ライフ・ステーション 個別相談会】


ご関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:30Comments(0)

2014年08月08日

あなたは何で選びますか?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください


もし、あなたの目の前に同じリンゴが2つあったら
どちらを買うか、何で判断しますか?

ほとんど同じ
違うのは価格のみ

ほとんどの人は価格の安い方を購入するでしょう。


リンゴとオレンジならどうでしょう?

価格だけでは選べません。

なぜならそれらは違う商品だからです。

消費者の立場なら価格が下がることはうれしいですが
事業主は違います。

価格が下がれば利益も下がります。

自分たちの身を削っているのと同じです。

価格を下げずにビジネスをするにはどうすればよいでしょうか?

それは「差別化」です。

「差別化」されていな会社にはリピーターがいません。

なぜなら「価格が安いから」購入されているのであって
その商品が好きで購入しているのではないからです。

もっと安い商品が現れれば消費者はそちらを購入します。

「差別化」された会社にはリピーターがいます。

なぜならその商品の代わりになるものがないからです。

リピーターがいる、いないでは
ビジネスの安定性が全く違います。


当社の「シニア・ライフ・ステーション」は
今までの介護事業FCとは違い
シニア層のあらゆるニーズに対応した
新しい「差別化」されたサービスです。

お問合せはこちら






  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:15Comments(0)

2014年08月08日

誰を仲間に選びますか?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


起業しようと考えた時、あなたは誰を仲間に選びますか?

友人を誘う人がいますが
かなりの確立でうまくいきません。

理由はお互いに依存するからです。

お互いに依存するため
一人ひとりの能力が発揮できずに
1+1=2ではなく
2以下になることが珍しくありません。

自立した者同士がビジネスをすることで
相互依存といういい関係が築けるのです。

そもそも自立できない人間が
一人では不安だから仲間が必要だと考える
この時点でビジネスを開始するには
すこし早いのかもしれません。

ビジネスで重要なのはリーダーシップ
言い換えると主体性を持つということです。

誰かがやってくれるのではなく
自分がやるという人間の集団は強くなります。

自分ではない

他の誰かがやってくれるだろう

そうではないのです。


開業独立をお考えの方に最適です。

【シニア・ライフ・ステーション 個別相談会】

ご関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 16:00Comments(0)

2014年08月08日

好きなことを仕事にする?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください。


「大好きなことを仕事にすればお金は後からついてくる」

「好きなことなので努力やトラブルも苦にならない」

「だから、大好きなことを仕事にすれば成功する」

こんなことを誰もが一度は聞いたことが
あるのではないでしょうか?

あなたはどう思いますか?

私は残念ながら多くは間違いだと思います。

好きなことだけに没頭しているだけで
成功するのはまれなケースです。

自分の好きなことのために
他人がお金を払ってくれる。

そんなことは起こらないのです。

ビジネスの基本は、マーケット・市場の需要に応えることです。

いくら好きでも能力が高くても
お客さんのニーズがなければビジネスとしては
成功しないのです。

たまたま自分の好きなことが
お客さんのニーズに合っていたということもあるでしょう。

それは好きなことだから成功したのではなく
お客さんのニーズを満たしていたから成功したのです。

今、シニア層が急増しています。

シニアのニーズを満たすことが成功への
近道ではないでしょうか?


当社の「シニア・ライフ・ステーション」
介護事業を柱に社会貢献をしつつ
シニアのニーズを満たすことで
収益を上げるビジネスモデルです。


ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。




  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 15:45Comments(0)

2014年08月08日

事業再生は誰が行うと成功する?

あなたのお役に立つ、さらに「濃い」情報を
メールマガジンにて配信しています。
こちらよりご登録ください

「営業利益25百万円の新規事業」

中小企業の新規事業に最適なビジネスモデルをご紹介します。


新たな設備投資が不要で
現状の「人」「もの」「かね」の経営資源を有効活用して
新たな収益の柱を確立できます。

事業再生は本人が行うとあまり成功しませんが
第三者が行うと成功します。

事業再生で何より大切なこと
それは経営者本人の経営能力と経営に対する考え方です。

それをすぐに変えることは大変難しいことです。

だから事業再生はほとんど成功しないのです。

経営不振に至った原因を調査、分析すると
ほとんどが陳腐な経営戦略やビジネスモデルが原因なのです。

例えば、弱者が選択するべき戦略は市場細分化戦略です。

弱者には出来ることに限界があります。

だから自分の出来ることに最大限の努力をするのです。

限られた市場に得意な分野の商品だけを提供するという
市場細分化戦略、これが弱者の生き残る方法なのです。

つまり成功のポイントは、客観的な調査・分析と
その後の改善・改革なのです。

だからM&Aのように徹底的な調査が行われた後だと
成功することが多いのです。

事業再生は本人が行うとあまり成功しないのはこのためです。
だからこそ第三者の力が必要なのです。

  


Posted by MAコンサルティング株式会社 at 15:30Comments(0)